賃貸派のための家賃交渉術

条件が同じ物件がいくつかあれば、もちろんですが家賃は安い方が良いでしょう。できるだけやすくしたいと考える人も多いですが、そのためには家賃交渉をするのも良い方法だと言えるでしょう。交渉をすれば値下げしてくれるオーナーもいますから、してみる価値はあります。
ただ、どんな場合にも成功するというわけではありません。しやすい時期があるということも知っておきましょう。もっともやりやすいのが夏から秋頃です。この時期には部屋探しをしている人は少なく、この時期に入居者がいない物件は売れ残っている可能性が高いです。オーナーとしては家賃を得られないよりも、やすくても良いから家賃を得たいと考える事が多いでしょう。そのために交渉しやすいのです。
2月から3月頃は部屋探しをしている人は多いです。ですから、この時期には交渉に応じてくれないことが多いと考えておきましょう。
交渉をするときには、自分でするのではなくて、基本的には仲介業者を通して行う事になります。仲介業者に頼めば、仲介業者がオーナーに対して交渉をしてくれます。自分で直接するわけではないですから、気の弱い人なら不動産屋に相談をしてみるという形をとれば良いでしょう。

Comments are closed.