リスクはあるものの一番人気は変動金利型

住宅ローンにおいて変動金利型というのはリスクが高いとされていますが、変動金利にはメリットがあるので人気が高いです。どのようなメリットがあるのかと言いますと、変動金利は金利情勢が良好なら低金利で住宅ローンを組むことができるので、返済時の負担は小さくなります。しかし、将来において金利変動で当初よりも金利が高くなる場合は大きな負担になることもあります。変動金利を上手く活用するためには返済期間が一つのポイントになります。言わば、低金利を利用できる間に完済することができれば、固定金利を利用するよりも総額の利息の負担は小さくなることになります。逆に低金利で返済をしていて、完済までに時間がかかると、それだけ金利が変動する可能性が高くなるので、結果的には固定金利を利用する方が負担が小さくなることがあります。住宅ローンを選ぶときは自分の返済期間をしっかりと考えてから金利を選ぶようにすると良いです。毎月の返済金額から、どのくらいの期間で完済することができるのかを算出して、それによっては変動金利を利用する方が負担が小さいだけに早く完済を目指すことができるので、しっかりと返済計画を立てることでメリット活かすことが出来ます。

Comments are closed.