ポイントは借りる時期と周辺の家賃相場

家賃はオーナーが決定して情報として流通させるのですが、これは常に一定というわけではありません。借りる時期によって違うと言うことは知っておく必要があるでしょう。だいたいの家賃相場のサイクルについては把握しておくのが良いです。
最も高いのは2月から3月くらいです。4月に向けて部屋探しをする人が多いですから、2月から3月の時期にはかなり高くなると考えられます。というよりも、高く設定しても入居者が見つかりやすいですから、オーナーとしては高めに設定しようと考えるのです。
その後、4月くらいはまだ高いいままですが、5月くらいから徐々に下落していきます。夏の終わり頃から秋にかけてはもっとも安く、11月くらいから高くなり始めます。だいたいこのようなサイクルになっていると言えるでしょう。
家賃を変えないオーナーもいるのですが、その場合であっても、周辺の物件は値下がりしていることが多いでしょう。この場合には、値下げ交渉をすると成功する場合が多いです。値下げ交渉と言っても自分でするのではなくて不動産屋を通して行うのが一般的です。周辺の相場と比べて高い場合には不動産屋もそれを認識していることが多く、そのために値下げしやすいという傾向はあります。

Comments are closed.