一定期間は金利が固定で、そのあと変動金利を選べるのが固定金利選択型

住宅ローンの固定金利選択型というのは、最初の一定期間は固定金利で返済を行い、その後に変動金利を選ぶことも可能です。一般的に住宅ローンの金利というのは固定金利を選ぶことが基本だとされています。この理由は、固定金利だと最初に住宅ローン返済の利息の負担を把握することができるからです。これが変動金利の場合はどうしても変動するというリスクがあるため、当初の計画よりも大きな返済になることがあります。そのため、住宅ローンは基本的に固定金利を選び、リスクを把握して返済をするということが多いのです。この固定金利の選択型というのは上記の点から考えても非常に利用しやすいものです。一定の期間は固定金利で確実にリスクを把握して返済をしていき、途中からは経済状況で金利が低下しているときなどは変動金利に変更することで、その後の利息の負担を軽減することが出来ます。また、一定期間を固定金利で返済しているため、元本がある程度減っていることもあり、これによっても変動金利のリスクは軽減されています。元本が減っていると、残りの返済額が少ないので、仮に変動金利から金利が上昇しても、短期完済を目指しやすいので、リスクは低くなります。

Comments are closed.