元金均等払いと元利均等払い

住宅ローンは誰にとっても大きな借金を出来るだけ早く完済したいものです。繰り上げ返済をすることで早く完済を目指すことができ、これは住宅ローンを組んで最初にがんばって繰り上げ返済をする方が元本をしっかりと減らすことができるので、金利の負担を軽減して完済も早くなります。また、金利の方式として元金均等払いと元利均等払いがありますが、この種類の違いをしっかりと把握して自分の返済計画を考えることも大切です。元金均等なら最初の返済金額は大きくなりますが、その反面完済は早くなります。返済額が大きいだけにしっかりと元本を減らすことができ、返済をするほど利息は小さくなります。元利均等は返済額を一定にすることができるので、返済金額を小さくすることができますが、その反面返済期間は長くなり、どのくらいの金額を返済するのかによって利息の負担は変わってきます。自分の返済計画を立てるときは、このように金利の方式として元金均等か元利均等のどちらが向いているのかを考えること、そして繰り上げ返済をなるべく早い段階で行なうことを考えながら良い返済計画を立てたいものです。そうすれば、ローンの早い完済を目指すことが可能になってきます。

Comments are closed.